2014年3月4日火曜日

ハカラメ

140220_1759~001.jpg

室内で元気に越冬中のハカラメ(セイロンベンケイソウ)です。
ネットの「草木図譜」に分かり易い画像があるので、興味のある方はご覧ください。
ハカラメ http://aquiya.skr.jp/zukan/Bryophyllum_pinnatum.html
子宝草 http://aquiya.skr.jp/zukan/Bryophyllum_Crenatodaigremontianum.html

お袋が使っていた部屋なので、ほとんど使わないため暖房も無しですが、最低室温は7〜8℃位で保たれているようです。
ダイビングで小笠原へよく行く姉から土産でもらった「ハカラメの葉っぱ」から増えて生えてきました。
南方系で、葉の外周から生え出る芽が、春からの半年程度で50〜60㎝に育ちますが、屋外では冬に大体5℃を下回るとほぼ全て枯れてしまいます。

同じように玄関のタタキで3株の越冬を試みましたが枯れてしまうようです。
玄関では3℃程度まで温度が低下するようです。
しかし、根元付近の新芽(新株と言うべきか)や株の先端の新芽は頑張って生きています。幼い細胞はか弱そうに見えますが、低温にも負けない強さをも兼ね備えているようであります。
これから育って生きていく為の力を内に秘めているのでしょうネ、きっと。(^-^)

私も、ちょっとやそっとではヘコタレナイこんな力強さが欲しいです(笑)。
もう春だ、頑張れ ハカラメ!

そして、負けずに我らも!