2014年10月14日火曜日

そんな事あるの?

昨夜、8ヶ月前に納品させて頂いたお客様からTEL頂き、
当社の製品(そばカマド)の給湯口からお湯が出なくなったとのこと。

詳しく聞いてみると、
一昨日の営業まではちゃんと普通に出ていたのに、
昨日の店休日の夜、やってみたら急に出なくなったという。

30年以上この商売をやってきたが8ヶ月位で湯が出なくなったなんていうのは
初めてである。 
というか、カマド本体が壊れない限り通常何十年たっても出るのが普通である。

しかし、出ないのは確かのようである。
そこで本日の14時に伺って調べることにした。

で、台風の余波でまだ強風が吹き荒れる中を出発して、
13:30過ぎに西荻窪に到着。
まだちょっと早いので旦那さんは来てないかな?と思いつつ行ってみると、
もうちゃんと待っていてくれました~!

さっそく給水バルブ(元止メ式)のハンドルを回して全開にしてみると・・・?
あら、確かに出ません。
すぐ横にある通常の給水栓(蛇口)は普通に出てるのに。

しかし、カマド本体内で詰まる訳が有りません。
作っている本人だから良くわかるんです、そういうことだけは。(笑)

そこで、給水バルブから水が出ていない事を確かめる為に、
カマドに接続してあるステンレスフレキシブルチューブを外して
バルブを開けてみました。
こんな感じに。
カマド元栓
全然出ていません。

やっぱりバルブが何らかの理由で塞がったまま水が出てこないのは明らかです。

ここで通常は水道の大元の止水栓を閉めて完全に水を止めてから、
バルブをバラして内部を点検しますが、

え~っ、なぜ~?
大元の止水栓を閉めても水が全く止まりません! 同じ強さで出続けている。(@_@;)
水道直結式だから、屋上に給水タンクが有るわけでもないし、どうなってんだろう。

この店の工事の現場監督に電話をして聞いてみると、
「そこのお店は、止水栓閉めても水は止まらないよ。」 
「店の全部の蛇口を開けて水圧を弱くした状態で、バルブをバラすしかないよ。」
とのこと。
しかしそれではかなりの水が吹き出して、とんでもないことになりそうなので、
無い頭をひねって、周りを水浸しにしないでバルブの中の『コマ』を動かして水を出す方法を
考えました。
すると、始めはちょろちょろ出たと思ったらまた止まってしまい、
何度かやっているうちにやっと徐々に強くなってきました~!

どうやったかは、文章で書くのは大変なので内緒です~。(笑)

元通りに接続して、しばらく試してみましたが、とりあえずokで修理完了!
正直なところ完全に分かった訳ではありませんが、
何か小さな粒状の異物が流れてきて『コマ』の軸部分に固着して動きを阻害していた
ものと思われます。

次回同じようになった場合は「水道屋さん」に依頼するようにご主人に告げて
作業終了。

ご主人、奥様ご両人のお礼の言葉を背に頂き帰路に付きました。

目出度しめでたし。 (^_^)/

台風一過、晴空である。  しかし暑いな~。