2014年12月23日火曜日

荷物の少ない男

もう30年以上前になるが私が学生だった頃には、
友人とよく旅行し、大雑把には日本中を回った。

その中で、3日間の日程で京都に行った時には、
いつものメンバー以外にもう一人「北海道出身の佐々木くん」が参加することになった。

旅行前の簡単な打合せの時に、
彼が急に一言言った。
「俺、荷物少ないんだよな。」
いつものメンバーは皆「?」 顔を見合わせた。

これまでも、3~4人のメンバーの中でも荷物の量には多少の差は有った。
個人個人で必要な物も異なるので、荷物の量にも差があるのは当然だろう。
皆そんな感覚で、それ以上気にすることは無かった。

旅行当日、東京駅で待ち合わせ。
最後にやってきた佐々木くんを見て皆絶句した。
K0090433
身長180㎝の彼の右手には、紙袋が1個。 (@_@;)
紙袋と言っても、当時よくスーパーなどで使われていた薄茶色のあれである。
持っている部分が湿って毛羽立ってくるアレなのだ。
大きさも、W150㎜×200㎜程度の、コロッケでも入っていそうなアレなのだ!

皆の口から出た言葉は「おめえ、本当に荷物少ねーな~!」 (笑)

何が入っていたのか現在覚えていない。
多分当時中を見せてもらったと思うが、まったく覚えていない。
しかし間違えないのは、佐々木くんがその旅行の3日間を他の3人と全く同じように
楽しく満喫したということ。
写真の中で楽しそうに笑っている。

本当に必要な物、
それは意外と少ないのかもね。