2015年2月27日金曜日

株式会社 大塚家具 !

1969年(昭和44年)に我が地元埼玉県春日部市の東武伊勢崎線春日部駅東口に桐箪笥販売店「大塚家具センター」として創業し、程なく駅西口に新店舗開店、10年程で東京千代田区に本社を移転。

あれよあれよと言う間に大きな企業に成長し、我々地元住民は皆驚嘆するばかりでありました。

大塚家具発祥の地 (1)
【大塚家具 発祥の地、 現在は地元町内会の御神輿等の収納・展示館となっている】

これはひとえに現会長の大塚勝久氏の先見性、経営能力・手腕の賜物であると言わざるを得ないだろうし、非常に優秀な方であると思う。

 我々凡人市民から見ると、雲の上の人であり、素晴らしい経営者であったのは誰にも異論はない事でありましょう。

しかし今般のお家騒動的ドタバタ劇を見るにつけ、結局のところ時代の変化に影響を受け売り上げが減少したことに対処しきれずに悪あがきして、親族間で責任のなすり合いをしている情けない姿を、自ら進んで社会に開示してしまっているように感じられてなりません。

憧れの事業家と考えていたのに、大変残念で寂しい思いが湧きあがります。

それに、いくら大きかろうと「家具屋さん」のお家騒動を、朝から晩までテレビで取り上げる必要が有るのかと大変疑問に思います。

結局は「取締役会」「株主総会」による採決となるのでしょうが、このところの推移を見ると両陣営の力関係はかなり拮抗しているようであります。

何とか良い着地点を見出して頂きたいものです。 そして言うまでもなく、何よりも「お客様」を一番大切にして頂きたいものですね。

と、経営手腕の全くない私が心配申し上げるので有りました。