2015年5月4日月曜日

こころの携帯電話  三行詩

株式会社 日本香堂 の「こころの携帯電話 三行詩」に過日投稿したところ、
本日、掲載頂いたとメールを頂きました。
全く柄でもない私の書いたものなので気恥ずかしさが先立ちますが、
すごく嬉しいです。
http://kokoro.nipponkodo.co.jp/introduction/dtl.php?no=269&k=9
ペンネームの「あんちゃん」は、私が幼少時代に自分の呼称として使っていました。
姉と私の二人兄弟でしたが、いつも何処へ行くにも抱えて歩いていた熊のぬいぐるみ『クマゴロウ』
を弟分として、自分はその「あんちゃん」だと思っていたようです。
年中首っ玉を小脇に抱えていたため、何度もクマゴロウの首から中綿が無くなり
グラグラで首が据わらない状態になり、お袋に切開手術をして綿を足して直してもらっていましたが、
中学生のある日学校から帰ると、クマゴロウは消えていなくなっておりました。
脱皮できない私を見かねてお袋が捨ててくれたようです。

未だにダメな息子だけれど、精一杯頑張ってるから、心配すんなよお袋。
それにクマゴロウもな。 
またな。